ホーム > 出来事 > 利子以上に払い込んだ借入金利

利子以上に払い込んだ借入金利

任意整理という言葉は一般的に債務の整理とも言われていて、おのおのの債権を有する者への借金の返済を続けていくことを選択する借金を整理する手順です。

 

普通の流れですが司法書士事務所または債務処理経験のある弁護士貸方と借り手との間に立って相談し、利息制限法にかんがみて利息の再適用を行い一から計算しなおした借入金の元金についての借入金利をカットした形で36か月くらいの期日をめどに返済する借金の整理の対策です。

 

任意整理には警察などをはじめ国の機関が口出しすることはないのでそれ以外の方策と比べた場合、利用した場合におけるデメリットとなる点があまりなく、処理自体が依頼者にとって負担にならないので、真っ先に考慮してほしい対策でもあります。

 

債権を有する者がサラリーマン金融のように法外な借入利息の場合、利息に関する法律で定められている利子以上に払い込んだ借入金利に関しては元金に充てられると考えて元金そのものを少なくしてしまうこともできます。

 

つまりは、ヤミ金業者といった高額な利子を取る業者に対してある程度長い期間返し続けているケースでは金利分を免除できる場合もあり10年くらい返済し続けている例では元金自体が消化されてしまうようなこともあります。

 

任意の整理のポイントについてですが、破産申告とは違って一部の負債のみをまとめることができますので、保証人がいる負債を除き検討していく場合やマンションのローン以外について整理をしたい際なども使うことができますし全ての資産を処分する義務がないため、自動車や土地などの自分名義の財産を所有していて手放したくない場合などでも活用可能な借金整理の方法といえるでしょう。

 

しかしながら、後々の返済に必要な額と実現可能な収入を比較して、ある程度返済の目処が立つのであれば任意での手続きを取るほうが良いですが、破産宣告とは違い負債そのものがなくなってしまうということではありませんので、借金の量がだいぶある場合においては実際に任意整理の手続きを実行するのは困難だと考えるのが無難でしょう。

楽しいBlogみっけた


関連記事

  1. 利子以上に払い込んだ借入金利

    任意整理という言葉は一般的に債務の整理とも言われていて、おのおのの債権を有する者...

  2. 任意整理による手続き

    民事再生による整理は住宅ローンを含めた複数の債務に困っている人々をターゲットとし...

  3. 暑い!

    最近、暑すぎで大変ですよね。 今年は冷夏って言ってたのが嘘のようです。 四国では...